プロフィール

ぴよぴよコケッコ

Author:ぴよぴよコケッコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
娘とhula始めました 子供の成長とフラと美味しい物あれこれの記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
甘いものたべたーい
今更ですが節分はとーさんの鬼に泣き喚き、一足先に冷静になった娘ちゃんが豆で反撃しましたがメタボちゃんはすっかりおびえてブルーになってしまい、その後は
「ねむい・・・・」
を連呼しておりました。現実逃避?しかもまんまと夜泣きしてるし。
「おうちかえる~~~」とか言ってるし。
・・・・やりすぎ?でも楽しかったからいいのだうしし

5歳にもなれば色々わかっているのでいきなりの襲撃に最初こそ泣いたものの改めて父が帰宅すると
「さっきの鬼さ~とーさんでしょ?」
「ちがうよ。鬼きたの?」
「きたけどさーとーさんと同じ服だったし。マフラー今日していってた?」
(マフラーを頭にまいてお面かぶってた)
「ううん、してない」
「えー・・・でもさー頭の後ろに紐見えたからあれお面でしょ?」
「とーさんは知らないよ?とーさんのフリした鬼じゃない?」
「頭もとーさんみたいにツンツンしてたし」
「だから知らないって」

えぇかなり苦しかったですね冷汗1。なかなか鋭い観察力です。まぁ保育園の鬼についても
「あれさーでも鬼の大将が来るって言ってたけど人間だと思うよ。だってお洋服きてたもん。鬼のパンツじゃなかったし」
って言ってたから騙されないかなーとは思ったんだよね。
まぁ一応2人とも十分びびってくれたので
「もー鬼に電話するよ!」
っていうと大人しくなるし、しばらくこの手は有効ですわ。

でも姉に入れ知恵されたメタボちゃんは先生に
「お家にも鬼さんきたの?」
と聞かれてニコニコして
「おとーしゃん!おに!」
って答えたそうな。ま、来年はもっとがんばろっと。(その執念をもっと他に生かそうよ、ワタシ)



最近一段と言葉の増えたメタボちゃん。昨日はかーさんのパジャマの水玉を見て
「こえーどんぐりみたいねー。ころころー」
「~みたい」なんて言えるのにもベージュの水玉からどんぐり発想できるようになったことにもびっくり。成長してるんだなぁ。基本姉のコピーなので何かお願いする時とかも
「ちょーとだけだからぁ~おねがいっ」
って手を合わせてる姿とか超かわいいのでうっかりあげそうになるけどあげられないよ、ご飯の前にお菓子は。

先生にも
「メタボちゃんは月齢の割りに言葉が多くて筋の通ったお話をしますねー」
と言われるのだけどそれはやっぱり姉の影響かと思う。姉は姉でどこで仕入れたの?って事いうし。こないだもお茶入れてーって頼んだら一人芝居始まって
「こちらのワインでよろしいですか?」とか言いながら入れてて。

ワイン飲むような店に連れていった事ありませんが?( ̄Д ̄;;
テレビで仕入れたのか?でも基本的に大人のドラマは見せてないんだけど。あーでも風のガーデンは一緒に見てたからそれか?篤姫じゃないだろうし。一瞬のことでも子供ってよく覚えてたりするもんだねぇ・・・(それももっと他に生かして欲しいわ)


ここ数日お仕事が煮詰まっておりました。まぁ散々電卓叩いて検算しまくって最終的に
「こっちの勘違いだった、えへ」by部長
で終わりましたが。
ってこら。この二日返しやがれ怒
あっちの数字がこうだから・・・いやでも、この年計の数字自体おかしくね?などとひたすら数字を追っていたストレスからあちこちで目につくのは美味しそうな物ばかり。(いや、息抜きにね)
しかもスイーツ率たかし。

まずはunaちゃんの作ってたミルクティーパウンドケーキ
もうすんばらしく美味しそう!かーさん利休の生まれ変わりかってぐらい(なわけないし)抹茶味が好きなんだけどその次に好きなのが紅茶味。しかもミルクティーなんてワンダホーは-と
これは作るしかないね。週末に早速作りますわ!

他にもバレンタインに向けてチョコ系レシピもいくつかピックアップ。こうやって見ちゃうとすぐ作りたくて一度にあれもこれもと欲張りがちなんだけど楽しみながら少しずつね~。
スイーツを目で堪能して気がすんだところにアップされたのがいずみさんの なんちゃってカップ麺
娘ちゃんは5歳になって初めてポケモンカップ麺を食べさせてもらった時
「美味しい~~~~」
と感動しておりました。でもさやはり子供に大量に食べて欲しいものでもないから実家で買ったもらったときとかぐらいしか食べられないの。
でもさ、これなら朝でもいいよねー。今日はガラムマサラも買ってかえろーっと♪
いずみさんと言えば最近人気の お醤油カレー。もちろん作りましたよ!これは美味しいです。が、カレー粉なのでかーさん独り占めしてたら大好きな大根なのになんで辛いんだこのやろー的な反発が起きまして。こそこそと1人お昼の時じゃないと食べらないですわ・・・


追記
本日夕飯に急遽追加でなんちゃってカップ麺を出したら娘ちゃんの第一声
「えー!ポケモンラーメンがある!買ってきたの?」
「ふふふ、まぁ食べてみて」
「・・・・やっぱりポケモンラーメンだぁ~かーさんありがとぉ~」
「そんなにおいしい?それ実は買ったんじゃなくてかーさん作ったの」
「えぇぇぇぇー!!!!すごーーい!超すごい!かーさんこれは美味しいよ!超おいしい!かーさん天才!」
あまりのべた褒めと美味しいの連呼に良心が痛み
「それ考えたのかーさんじゃないんだ。この前お誕生日の時に大根のうどん考えてくれた魔法使いが考えてくれたの」
「へ~すっごいね!でもかーさんもすごいよ!」
と自分の分はあっという間に食べかーさんの分も食べさらにメタボちゃんにも
「ねーこれ頂戴?私いつもいろいろあげてるじゃん」
とメタボちゃんが餃子に夢中なうちに平らげてました。
「これおまけある?」
「今日はもうないでーす」
「じゃあ明日も食べる」

相当お気に召した様子です。こんなにヘルシーな内容でここまで絶賛してくれるならいつでも作るわよーん。やっぱいずみさんってばすごーい!さすが魔法使い♪


【2009/02/06 13:49】 | お勧めレシピ | コメント(0)
<<萌えの瞬間 | ホーム | 大人の階段>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
Bygones/ 19番目のボタン
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。