プロフィール

ぴよぴよコケッコ

Author:ぴよぴよコケッコ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
娘とhula始めました 子供の成長とフラと美味しい物あれこれの記録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
私の彼女
行って参りました箱根。
・・・・寒かったの。すごーくすごーく寒かった。でもすごーくすごーく楽しかった。久しぶりのロマンスカーも友人の待ち合わせも寒いね年だねって会話も全て楽しかった。行ってよかった。行かせてくれてありがとう、家族。

今回のお宿はハイアットリージェンシー 箱根リゾート&スパ
競合相手が温泉宿ということを意識しての事だろうけど館内用の浴衣があってこれで館内どこでもOK。例えそこがフレンチレストランでも。・・・・まぁ見た感じ?って気もしたけどね。お食事がお寿司かフレンチなの。お寿司なら浴衣もありだけどフレンチ・・・・どうなのよ?でもまぁ温泉地ならではのゆるさが丁度いいかも。こちら4-7時でラウンジでシャンパン、ビール、コーヒー紅茶などが飲み放題。本気で飲めばかなりお得。まぁハイアットにいらっさるお客様にそんな方はなかなかいないだろうけど。私達もシャンパンなんぞいただきいい気分。お食事は友人生もの苦手なので選択肢はフレンチのみだけどシャンパンでまったりしちゃったらもうフレンチ面倒になってしまってルームサービスでステーキ丼。美味しかったし、ゆるゆるしに行った我々にはいい選択。


同行の友人は高校の頃からの付き合い。かれこれ20年来の付き合い。その間には喧嘩して疎遠になった事も2度。でも振り返って忘れられない光景にはいつも彼女の姿がある。私達の婚姻届には彼女のサインがある。楽しいことも辛いこともずいぶん一緒に乗り越えてきたもんだ。その彼女がもうすぐ結婚する。・・・・多分。・・・・今度こそ。
美貌に恵まれた彼女は数多くの男性遍歴を経てきて中には結婚直前まで行った事も・・・3回?プロポーズだけなら6人?なぜか直前になると引いてしまうのね。何かが怖くなっちゃうというか。でまぁ今回もあーだこーだ難癖つけては回避しようとしてる感もあるけど。ただ今回は回避の理由に自分の病が大きな理由になるだけになんともいいようがない。
今彼女は要経過観察という状況。神経の病気の進行型かどうか、進行型ならどの病なのかどうか。例えばパーキンソン病なのか1リットルの涙の脊髄小脳変性症なのか。進行型の神経の病気にはたくさんの種類があり今度発症する症状や発症までの時間を見ながらこのタイプじゃないかと分類していくという経過観察。
20歳ぐらいから原因不明で調子を崩すことが何度かあった。一緒にいる時にどうにもならなくなって救急病院に連れていった事もある。何度も色んな検査をしてもこれといった原因は見当たらずそのうち体調もよくなってまた日常に戻っていたのだけど1年前から体調不良が頻繁になった。その中には足に力が入らなくて歩けない、お箸がもてない、など今までにはなかった症状があり検査を繰り返した。初めて神経系じゃないか、そして進行型の可能性を告げられた時の彼女の悲観を思うと胸が痛いではすまない。彼女が始めて私にその話をした時笑って「だからさーぴよちゃんは昔から私のぐーたらぶりをよく怒ってたけどあれも病気のせいかもしれないよ?」なんていうから「だとしても運動会を一緒にばっくれて屋上に隠れたのは絶対日焼けしたくなかったからだし、授業サボってお茶しに行ったのはレポートできてなかったからじゃん」と笑って言い返したけど本当は美しい友人の直面してるあまりに重い現実に泣きたかった。

何度も何度も一緒に行った箱根。
「もう箱根は行きつくしたよね~」
なんていいながらもまた箱根。いつも旅行は身軽な彼女。ハワイに行く時待ち合わせに小さなボストンバック一つで現れた時は
「○○ちゃん、今日ってハワイに行くんじゃないかと思ってたけど箱根の間違いだったっけ?パスポートとか持ってきてないでしょ」
と言ったのを覚えてる。ちなみにイタリアの時はもう少し大きめのボストンバックだったけどもう慣れてたから驚かなかった。私はもちろんスーツケース。
そんな彼女がキャスターのくるくるよく回るキャリーバックで現れた。
「もうさー重たいものホント持てないの。これ360度回るから楽だよー」
・・・・病は進行してるのだろうか。
彼女の病を知って「だったらなおのことすぐにでも一緒になろう」という彼と「この先もしかしたら介護だけの人生になるかもしれないのに巻き込んでいいのか」と悩む彼女。
「やりたいっていってんならやらせてあげればー?結婚も介護も」と言う私に
「ぴよちゃん、そういうと思った」と笑う。

もちろん元気でいて欲しい。でも、もしも、進行型の病なら支えてくれる人が彼女のそばにいて欲しいと思う。だから・・・・嫁いで?少し安心できるから。

たくさんたくさん話をした。帰りの登山鉄道にゆられながら
「わたしね、ぴよちゃんと夜の海に行ってずーっと黙って海を眺めてた夜よく思い出す。あの頃二人とも煮詰まってたよね。恋愛に」と言い出した。
「うん、私もあのシーンよく覚えてる。綺麗な波があがるのをもう一度見たら帰ろうって二人とも思ってたんだよね」
「そうそう、私とぴよちゃんよく思考がリンクすることあったよね。あの時も。でもさ、今は下界やだーって言いながらも、あの雲が途切れたらとかじゃなくてちゃんと時間見て電車に乗れるんだから私達大人になったねー」
「うふふ、ほんとね。あれって25,6だったよね。・・・・やっぱビヨンセ大人だわ」
(夜二人でなぜかビヨンセ26歳の頃のDVD見て大人だねーってか肉食っぽーいなどと言ってたのだ。)
またこうやって彼女と旅行にいけるかな。行きたいな。元気でいてね。次は海外ねーなんて言い出したのあなたなんだから。
【2008/06/02 11:50】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6)
<<ピーピーピー | ホーム | キッチン&ぐっちん>>
コメント
お友達と素敵な時間を過ごされたんですね。
よかったですね^^。

ご病気心配よね……。
一緒にまた、楽しい旅行ができますように!
【2008/06/04 06:19】 URL | izumimi #-[ 編集]
読んでいたら胸がいっぱいになって言葉が見つからない。
ぴよママさんが彼女とまた旅行に行けますように・・・。
【2008/06/04 11:19】 URL | rei #-[ 編集]
☆izumimiさん☆
とても素敵で貴重な時間でした。
きっとまた旅行にいけると思います。
結婚したら彼女にizumimiさんの本プレゼント
しますね。
【2008/06/05 13:45】 URL | piyopiyo #-[ 編集]
☆reiさん☆
彼女地元の友人ですの。近くにいたらもっと力になってあげられることもあるのにとはがゆい気持ちもありますが、大丈夫だと信じて応援していきます。私は悲しまない、楽しませ隊に徹すると約束したので。
笑うかどには福来るですからね!
【2008/06/05 13:48】 URL | piyopiyo #-[ 編集]
ちょっと出遅れちゃったけど...

ほんとまさに
「私の彼女」という言葉がぴったりの。
うまく言えないんだけど、2人の間にすごくいい空気が流れてるんだろうなあと思います。
友達ってほんとに財産!
海外に住んでると日本での友達はもとより、こちらでできた友達もすごい大事に思い、そんな風に強く思います。
お友達の病気心配だね。
でもお友達もぴよぴよさんと会うとすごく楽しい時間を過ごしていると思うし元気がでると思うよ。
私もぴよぴよさんに元気いつももらってます。
ありがとう。
【2008/06/07 04:44】 URL | ろしーた #ntbreMG6[ 編集]
☆ろしーたさん☆
うん、ほんとにほんとに大切な彼女です。
お互いの歴史に欠かせない存在です。
友達の大切さは大人になるに連れて重みをもって感じます。
親兄弟と離れた海外生活では友達なくては成り立たない事も多いでしょうね。
素敵な人達にめぐり合えたのは本当にラッキーだよね。
わたしこといつもろしーたさんのブログやコメンtノに元気もらったり癒されたりしてるよー!
いつもありがとうね♪
【2008/06/09 13:29】 URL | piyopiyo #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://piyopiyopoo.blog59.fc2.com/tb.php/54-32af14bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
Bygones/ 19番目のボタン
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。